22 August 2020

スライディングルーフの屋根塗装2  遮熱塗装編

Afteruir
アサヒペンの遮熱塗料5Lはだいたい8500円前後でネット販売されている。近所のDIY店は2000円近く高いので、ネットで注文したのですが、最初の店では断られた。仕方ないので、ヨドバシカメラのネットを検索したら何と扱っている。しかも値段は一番安かったので、早速注文しました。ヨドバシカメラは最近日本のAMAZON化していて、意外なものも扱っていて、都内23区だと朝頼むと夕方に品物が届くようなこともあるらしい。実際東京の実家に代わってオーダーしたら、その日に来たことがあった。しかし、今回のアサヒペンの遮熱塗料はオーダーしてからヨドバカメラからメーカーの注文が行くので、1週間位かかった。早速勤務後(コロナで在宅勤務)すぐに作業に取り掛かった。下地が意外と馴染みやすいのかと思ったら、結構弾くのである。結局2度塗りくらいしないと1度塗りにならない感じだ。
翌日2度塗り作業をして完了。

08 August 2020

スライディングルーフの屋根塗装1 下地塗り編

Img_0889-1
遮熱塗料はどこで販売されているかわからなかったので、早速ネット検索です。アサヒペンに屋根用遮熱塗料があることがわかった。近所のDIYの店に行くと遮熱塗料が売っていることがわかった。調べてみると、はじめに下地塗料を塗る必要があることがわかりました。近所のDIY店ではなぜか下地塗料が売っていなかったので、すべてネット購入しました。
残念なことに下地はすぐに来ました。肝心の遮熱塗料は発注先からキャンセルのメールが1週間後に来ました。在庫切れしているならさっさと連絡してほしかったです。したがって、夏休み中に完了するかと思ったのですが、下地塗りまでしか夏休み中にできませんでした。
写真のようにステンレス地の上に下地の白い塗装が完了しました。塗装は素人塗装ですからむらがあります。落下事後が怖いので、ローラー塗装で延長棒を使って届く範囲を塗装しました。

01 August 2020

観測所の塗装どうするか

スライディングルーフが設置されたので、準備するのが大分楽になりました。段々年を取ってくるとこの組み立て設置作業が大変になるので、移動観測がきつくなるという話はあちこちから聞きます。これは自分自身が若いころから先輩方からうかがっていた話でした。自分は20代に山の上にドームを作ってしまったので、大型機材を入れてしまった関係もあり、ジプシー期間が意外と少なく、移動観測(観望・撮影ですが)は年に数回程度でした。今考えると望遠鏡の稼働率が低いですね。

さて、念願の自宅観測所ができたので、これから準備時間が少なく調整時間もあまりなく撮影できると思っていましたが、実際にはこの夏場の暑さで、中が意外と熱くなじむむのに時間がかかります。まあ、以前のカバーを使っている時よりは屋根がある分暑くならなくなっています。

でも36℃を超えると中もほぼ一緒でした。

今回オプションの遮熱塗装はお願いしませんでした。理由は屋根だけで14万7千円もするからです。

ということで夏休みになったら、塗装しようかと思っています。

Ggeb2933

31 July 2020

M15

M15_81x30scropm_20200819011001
2020/07/31 M15
AG16 Atrograph, Fujifilm X-E3(ISO800), ASKO SX-260PW赤道儀,ノータッチガイド 露出 81フレーム×30秒
スライディングルーフ設置をして初撮影になりましたが、天気がパッとしません。

29 July 2020

スライディングルーフ設置作業

天気予報では午後から雨が降る可能性が高い日でした。作業中雨が降らないことを祈るばかりです。クレーン車が予定より早く到着してしまいました。日新さんは9時ごろ到着の予定です。車はどかしておいたので、駐車場で組み立てをしてもらう準備をしてもらいました。
Dscf8136
まずは少しづつトラックから降ろして組み立てていきます。
Dscf8175
Dscf8178
Dscf8295
Dscf8375
一応、動画にまとめましたので、お時間のある方はご覧ください。
ニッシンスライディングルーフSRS3030組み立て設置作業

 

 

 

27 June 2020

M57

Sm57_12f
M57 Ring Nebulae
Orion Optics UK AG16(D400mmF3.8), Fujifilm X-E3(ISO25600), Exp.12x1sec., Asko SX-260PW 赤道儀、ノータッチガイド、2020/06/26UT

19 June 2020

固定撮影による自宅から撮影した夏の大三角

本当に久しぶりに自宅から広視野の撮影をしてみました。
20200616_tri 2020/06/16 16:22:52UT Fujifilm X-E3(ISO1600), Super EBC XF 18-55mm 1:2.8-4 R LM OIS (18mm設定)固定撮影 Exp.11X25秒 MSB社ASTROART7SP3にて画像処理、 周辺カットしています。光害カットフィルターを使っていないのですが、何とか天頂付近なら天気に恵まれるとこの程度は画像処理で何とかなってしまいます。

03 May 2020

月面 2020/05/02

11
月面
この日は日中夏が近いと感じさせる気温になり、鏡筒がかなり温められてしまった。 天気が崩れるのが早くもう上空は薄雲が覆いだしているのがわかる空で透明度は良くない空だった。 そんなときは大抵シーイングがいいが、予想通りいい感じだが、周波数の高い揺らぎが見られたが当地としてはかなりいいほうだ。 撮影データ Orion Optics UK AG16(D400mmF3.8), Fujifilm X-E3 Asko SX-260PW赤道儀

久しぶりの25cmによる月面

12
2020/05/01 Meade SN-10 Schmidt-Newtonian telescope(D254mmfl.1016mmF4.0), Losmandy G-11 German equatorial GOTO mount(Replaced StarGo system), ZWO ASI290MC video cam, Recording time 30sec., 本当に久しぶりにこのシステムを自宅に設置しました。 05

30 April 2020

小惑星1998 OR2 on 2020/04/29.5706UT

1998or2_20200429_132526_c_34x60scaption
2020/04/29.57061UT(撮影中心時刻), Exp.34x30sec., 0.4-m F/3.8 Astrograph+CCD, Q21 Southern Utsunomiya Observatory

«M13,M92 & M5 on 2020/04/25UT

September 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ