April 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ
My Photo

02 April 2020

初めての「彗星の夏の学校2020 ZOOM」に参加

彗星を主に観測していながら、彗星の夏の学校の存在は知っていながら参加したことはありませんでした。
何しろ英語嫌いですから、論文の詳細を理解して人に説明するなんて大学院の時でも一苦労していました。
英語の微妙なニュアンスとか日本語に違和感なく訳すなんて大変。
でも仕事柄論文は毎日くらい色々ななめ読みはしていますが、分野違うからな。
今回久しぶりに色々と刺激を受けましたが、老齢になりましたがまだまだ勉強だと思いました。
時節柄リモート会議形式だったので、実は参加できたというのが本当のところです。いい時代になりました。
地方にいる身としてはいい時代になりました。まあ、仕事は今は在宅勤務なので東京には行っていませんが、
こういうイベントホイホイ参加するには今まではハードルが高かったというのが本音です。
今回の彗星夏の学校で一番気になったのが、この論文です。

さて、早く復帰しないと行けませんね。
実は昨年から難病闘病生活中です。

19 September 2019

ちょっと気になるカメラ2

シリーズ記事第2段がもう書けるとは思いもしませんでしたが、イギリスで9/18の話題になっていたのが、キヤノンからEOS Raという天体写真用モデルが出るという話題です。しかもここにこんな詳細なものが出てしまったというので、フライングなのかどうなのか噂でもちきりです。すでに国内でも話題になっています。

25 August 2019

ちょっと気になるカメラ1

掩蔽観測は時間の記録精度が要求される。そのため、GPSを使って精度のいい時間を得るようなシステム構築が必要である。 撮影の動画機材も時間を記録できる必要がある。こんな目的用のカメラがないかということで気になっているのが、QHY社QHY174/GPSだ。 値段は$1239でだいたい売られているようだ。 このカメラは、NASAがニューホライズンで冥王星の軌道をより正確に求めるために冥王星による掩蔽観測をする際に使用したカメラのようです。 ということで実績があるカメラです。

13 July 2019

Moon on 2019/07/12

本当に久しぶりに雲間から月が顔を出しました。あっという間に曇ってしまって満足に撮影できずに終了しました。
20190712moon3
Orion Optics UK AG16(D400mmF3.8, fl.1509mm), Fujifilm X-E3(ISO800), Exp.1/1000sec., 4kモードにて撮影動画よりAVI変換後、REGISTAX V6にて処理

05 June 2019

スターリング衛星開発打ち上げ中止を!

最終的に12000個もの明るく輝く人工衛星が回ることになるスペースX社で打ち上げているスターリング衛星群。こんな人工衛星がたくさん周回軌道に投入されると恐らくどちらをむけてもこれらの衛星が必ず写ってしまうという状況になってしまいます。星空の光害です。 そうなると自然体の星空はもう望めなくなる状況に恐らくなると思います。 今ならまだ間に合います。イーロン・マスク氏はどうも地上からの天体観測の重要性を全く理解していないようです。みんなで声を上げて、スターリング衛星計画を中止に追い込みましょう。 参考記事

28 May 2019

P/Klemola (68P) on 2019/05/24UT

68p_gif
P/Klemola (68P) mag 14.7 on 2019/05/24, 15:15:08 & 15:30:32
Period of orbit 11.02 years (4026.3 days) Perihelion distance 1.7937260 AU Aphelion distance 8.11 AU Orbital elements: Semimajor axis 4.9530739 AU Eccentricity 0.6378560 Inclination of orbit 11.1104000 degrees Argument of perihelion 153.0377000 degrees Long. ascending node 175.1027000 degrees Date of perihelion JD 2458796.51900 (2019 Nov 9.01899)

27 May 2019

球状星団M5 on 2019/05/24

M5_20190524_131312_c_20x60sm1
球状星団M5
露出 20✕60秒 Orion Optics UK AG16(D400mmF3.8, fl/1509mm) Baader Planetarium Clear filtre使用 Moravian Instruments Inc. G4-16000 (CCD temperature -20deg.) アスコSX-260PW ガイド鏡 PENTAX 100SD-UF, G0-0300 ガイドカメラ MSB社ASTROART7SP1にて前処理および背景ムラ処理等

26 May 2019

5/25の月面

暑い日が続いています。前日24日よりシーイングがよく久しぶりの良い像を示しました。 20190525t192008 Orion Optics UK AG16(D400mm f/3.8), Fujifilm X-E3 Asko SX-260PW 赤道儀

25 May 2019

5/24の月面

5月としては異例の暑さが続き、シーイングもいいかと思って久しぶりに月面を撮影してみました。 20190523t190524
Orion Optics UK AG16, Fujifilm X-E3 Asko SX-260PW赤道儀

19 May 2019

FC2ブログを開設しました

Yahoo!Blog終了予定で移動先を元々使っていた本ココログにしたのですが、 何年も書き溜めた記録が移行できないので、結局移行できるサイトをどうするか迷っていたのですが、 OさんがFC2にしたので、私もFC2にいたしました。 https://komet888.blog.fc2.com/ 今後はそちらを主力にいたしますのでよろしくお願い致します。

«Super-Multi-Coated TAKUMAR 6X7 4/600を買いました