« ペンタックスから新しい2本のレンズが出るようです | Main | またまた引伸レンズを買ってしまった »

13 August 2004

コーヒー

 夏休みはどこも行かないことになったので、顔馴染のお店の食べ歩きに行っている。
 大体が甘党なので、ケーキ屋さんやパン屋さんの吟味は厳しいものがある。
 なぜかわが町には、人口46万人の地方都市にも拘わらずケーキ屋さんが多い。そのため、私は行ったことがないのだが、全国的にも有名なチャンピオン賞を取ったパティシエのケーキ店もあるようだ。
 以前から感じていたのだが、最近のケーキは子供のころと違ってなんかコクがない店が多い。理由はほとんどのお店が、砂糖の量を控えているだけかと思いがちだが、実は味の大きな違いは、ケーキにはつきもののバターなのである。バターなんか実は使っていない店が多く、使っていても100%バターではないのである。
 最初これがわからず、バター100%のお店を見つけるのに苦労した。それから、生クリームも乳製品の生クリームを使っているのが条件である。
 わが町にもそのような条件を満たすケーキ屋さんが1軒があり、久々に本物のケーキを食べた時のショックは大きかったのはいうまでもない。それ以来このお店以外のケーキはほとんど買わなくなったのはいうまでもない。
 前振りが長くなったが、このようなケーキに合うコーヒーがほしいと思ったが、実はそのケーキ店でもコーヒーとともにケーキを食する事が可能であるが、何か物足りないのである。
 仕方ないので、わが町にもある生豆も置いてあるコーヒー問屋さんからコーヒーを買い、自分で入れてみることにした。さすがに焙煎まではできないので、焙煎済みのコーヒー豆と手挽きのミルとサイフォンを買ってきた。初心者なので、サイフォンはペーパーを入れる簡易型である。ミルは、ドイツのザッセンハウスの物である(写真)。学生の時に買って以来のミルである。何だか見ているだけでも、いかにもドイツの作りを感じさせる一品であり、学生の頃に持っていた日本製のミルとは異なり、切れ味もいいものであった。
 今までドリップで入れていたが、サイフォン式のあっさりとした味わいが格別で、サイフォン式のコーヒーとバターを使ったコクのあるケーキとのマッチングが絶妙で、ゆったりとした時間を堪能することができた。これも休みではないとできないものだと思ったのであった。

« ペンタックスから新しい2本のレンズが出るようです | Main | またまた引伸レンズを買ってしまった »

NGC徒然期」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference コーヒー:

« ペンタックスから新しい2本のレンズが出るようです | Main | またまた引伸レンズを買ってしまった »

February 2023
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ