« 2月13日満月がレグルスに接近 | Main | 今月の写真工業 »

19 February 2006

49mmサイズフィルター

 49S-S

ペンタックスはタクマーレンズの時代とペンタックスMレンズ~FAレンズの時代にかけて、標準レンズや小型の汎用単焦点レンズのフィルター径は伝統的に49mmサイズを採用してきた。
しかし、この49mmサイズを使用しているメーカーはペンタックス以外ではオリンパスOMズイコーレンズだけだろう。OMシステムはもうないので、実際に現行でこのサイズを採用しているのはペンタックス以外ほとんどないのが実情ではないだろうか?
調べてみるとNikonは52mm、Leica-R,Y/Cとミノルタは55mm、キヤノンは58mmである。

実は最近この49mmサイズをどうも整理しているフィルターメーカーがある。売れ筋ではないフィルターはもう生産していないようなのである。現にモノクロ用フィルターは恐らく生産は全くしていないのではないだろうか?現在の在庫分で当面大丈夫な状況なのだろう。

ということで、沢山新品同様の49mmサイズのフィルターが某中古カメラ屋に出ていたので、買えるだけ買ってきたのがこの写真である。
ついでに、天体望遠鏡のフィルターの1つの規格である2インチサイズアダプターに標準フィルターサイズである48mmフィルターもあったので買ってきたのである。
青滲みを多少抑えられる49mmサイズのL41を買っておかないと行けませんね。

« 2月13日満月がレグルスに接近 | Main | 今月の写真工業 »

Lens」カテゴリの記事

Comments

こんばんは。
M100マクロですが、ホコリと言うか、5mmぐらいの糸くずみたいなんですよ。もちろん写りには影響ないと。ただ、ちょっと気になるんですよ(^_^;)
飾り銘盤は外れているんですが、その後が・・・
このレンズ 買値が数千円なんです。それで、ちょっと出来ないかなぁ~と思った次第です。ちゃんとしたレンズ(?)の清掃はそれなりのところにお願いしますが、元手が元手なんで・・・

そうそう 今年もオーロラを見に行ってきました。
データ化が出来たら投稿させてもらう予定です。

いわとびぺんぎんさん、こんばんは

NMDも49mmでしたっけ?Newになってから55mmが49mmになったようですね。どうもNMDのイメージがなくて、αの現行をイメージしました。
確かに1960年代のミノルタのコンパクトカメラのフィルターも49mmです。

さて、肝心のM100/4MACROのことですが、どんな感じの埃があるのでしょうか?
はっきり言って埃なんてよっぽど逆光で使わない限りほとんど影響しません。むしろ素人の手作業で測定器もない状態で外して、本当に元に戻るの?というのが私のいつもの疑問なのです。自分でばらしたのは明らかな場合、現在修理を請けてくれませんがレンズ工房さんでも受けてもらえない条項になっていました。レンズの1群目が光軸ずれると結構致命的なんですよね。もし外すならペンタの場合、名盤をゴムで抑えて回す必要があるので、名盤に合う大きさの円筒形状のゴムが要ります。カメラのきむらに確か売っています。私なら今の状況なら素直に長谷川さんに出します。少なくともコリメータ試験くらいしておいてもらわないと怖くてね。まあ、最も私の場合星を撮れば、おかしいかどうかすぐわかるので、再修理も依頼しやすいのですが、普通は星なんか撮りませんから気が付かないままの方も結構世の中には多いものです。

こんばんは。
ミノルタのNMDの頃ですが、広角・標準・中望遠は大口径を除いてほとんどが49mmだと思いました。仲間内で使いまわした覚えがあります(^_^;)

NGCさんは レンズの分解清掃はご自分でやられますか?今、手元にMの100マクロがあるんですが、気になるホコリがありまして、前ダマを外したいんですが、どうしたものかと。。。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 49mmサイズフィルター:

« 2月13日満月がレグルスに接近 | Main | 今月の写真工業 »

February 2023
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ