« P/Schwassmann-Wachmann (73P)4/25 | Main | 5/2 P/Schwassmann-Wachmann(73P) »

29 April 2006

P/Schwassmann-Wachmann (73P)彗星4/28

Img_1449_50_51_52_53withcaption_s


P/Schwassmann-Wachmann(73P)が球状星団M13に接近中

DATA: 24h51m-56m, 28 April, 2006(JST)
Canon EOS-20Da(ISO400), SMC PENTAX 1:2.5/135
F4.0, Exposure 60 sec.X5frames
GOTO Mark-X赤道儀

GWに突入した最初の晩になるが、会社を出たのが19時過ぎで自宅で報道ステーションとかテレビを見てからゆっくり始めたが、もうすでにかなり高度が高くなっていた。季節の移り変わりは早いもので意外と春の星座たちの位置の高さに驚かされる。今年の春は黄砂が多いそうで、きょうもこの前と異なり雨上がりではあるが湿度も高いこともあるのか透明度が高くなく天の川は全く見えない。しかも、彗星の位置が先日からもう自宅のベランダからは屋根に邪魔されて見えない位置まで北上してしまったので、自宅の前ではあるが1Fからの撮影である。自宅の目の前だと向かいの家の街灯が一晩中点灯しているため、明るいので撮影に影響がある。このため、カブリが酷い写真になるのであるが、画像処理でなんとか誤魔化している。CMOS撮像素子の汚れは以前より綺麗になったが、それでも少し汚い。今回の撮影でこの後やはりまたもやレンズ交換したらゴミが乗ったようで写ってしまっている。DSLRは本当に汚れやゴミに弱い。銀塩フィルムだといつも新しい受光面が供給されるわけで、この点がやはり優れているのである。銀塩はいつも綺麗な像が手軽に撮れるという側面を改めて実感している。今回、CMOS撮像素子(正確にはローパスフィルターか赤外線カットフィルターだが)の汚れ落しにエツミのクリーンクロスを買ってきた。これがやはり一番いい感じである。レンズクリーニングペーパーもコダック、フジフィルムといくつか試したが、このエツミのクリーンクロスはいい。というのも紙ではなく旭化成の不織布SHALERIAを使っているからだ。これを割り箸の先をカッターナイフで丁寧に細く平たく削り、この棒に絡めてオリンパスのEEクリーナで拭いている。これはかなり綺麗になる。



« P/Schwassmann-Wachmann (73P)4/25 | Main | 5/2 P/Schwassmann-Wachmann(73P) »

Astronomy」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

February 2023
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ