« 8月18日の太陽面 | Main | 天体用の焦点合わせ装置商品 »

24 August 2006

冥王星が惑星ではなくなった日

ついに冥王星が太陽系の惑星から外された。
ここ数年議論されてきた惑星の定義の見直しが決まった記念すべき?日に、本日2006/8/24は歴史的な日になった。


      国際天文学連合決議:太陽系における惑星の定義

 現代の観測によって惑星系に関する我々の理解は変わりつつあり、我々が用いている天体の名称に新しい理解を反映することが重要となってきた。このことは特に「惑星」に当てはまる。「惑星」という名前は、もともとは天球上をさまようように動く光の点という特徴だけから「惑う星」を意味して使われた。近年相次ぐ発見により、我々は、現在までに得られた科学的な情報に基づいて惑星の新しい定義をすることとした。

*決議 5A
 国際天文学連合はここに、我々の太陽系に属する惑星及びその他の天体に対して以下の3つの明確な種別を定義する:

(1) 太陽系の惑星(注1)とは、(a) 太陽の周りを回り、(b)十分大きな質量を持つので、自己重力が固体に働く他の種々の力を上回って重力平衡形状(ほとんど球状の形)を有し、(c) その軌道の近くで他の天体を掃き散らしてしまっている天体である。

(2) 太陽系の dwarf planet とは、(a) 太陽の周りを回り、(b)十分大きな質量を持つので、自己重力が固体に働く他の種々の力を上回って重力平衡形状(ほとんど球状の形)を有し(注2)、(c) その軌道の近くで他の天体を掃き散らしていない天体であり、(d)衛星でない天体である。

(3) 太陽の周りを公転する上記以外の他のすべての天体(注3)は、Small Solar System Bodies と総称する。

注1: 8つの惑星とは、水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星である。
注2:基準ぎりぎりの所にある天体を dwarf planet とするか他の種別にするかを決めるIAUの手続きが制定されることになる。
注3:これらの天体は、小惑星、ほとんどのトランスネプチュニアン天体(訳注1)、彗星、他の小天体を含む。

*決議 5B
 5Aの決議の(1)の”惑星”の前に"classical"を挿入する。つまり、(1) 太陽系の classical planet (注1)と、、、、、以下同じ。 また注1: 8つの classical planet とは、水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星である。


*冥王星についての決議 6A
 国際天文学連合はさらに以下の決議をする:
  冥王星は上記の定義によって dwarf planet であり、トランスネプチュニアン天体の新しい種族の典型例として認識する。

*冥王星についての決議 6B
 6Aの決議に加えて、次の一文を入れる。
  この種族を plutonian objects と呼ぶ。


結局5Aが採択され、5Bは否決。6Aが採択されたことになる。

つまり、可決された定義は、「太陽系惑星を(1)自らの重力で球状となる(2)太陽を周回する(3)軌道周辺で、圧倒的に支配的な天体」と定義した。つまり、水星から海王星までの八つが惑星となる。軌道周辺に同規模の天体があり、3番目の条件を満たさない冥王星は、惑星から外れた。
 
 冥王星には、カロンと言う大きな衛星があることが冥王星の運命を変えたことになる。それとEKBOと呼ばれる一連の冥王星の外の軌道にある冥王星より大きな小惑星天体がどんどん見つかったことがこの定義の背景にはある。

 アメリカへの配慮から、冥王星を惑星として存続させる主張も根強くあったが、水星から海王星までの八つを「古典的惑星」とし、その一方で、自らの重力で球状となるが、軌道周辺で圧倒的ではない天体を惑星の一種の「矮惑星」と位置づけることで、冥王星を惑星の地位にとどめる対案も提出されたが、否決された。まあ、本当にアメリカは勝手です。

 また、惑星の定義案とは別に(1)冥王星を海王星以遠にある天体群の典型例と位置づける(2)その新天体群の名称を「冥王星系天体 plutonian objects 」と呼ぶの2案も合わせて採決した。

« 8月18日の太陽面 | Main | 天体用の焦点合わせ装置商品 »

Astronomy」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

February 2023
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ