« 月明下のFaye彗星 | Main | 満月の晩 »

01 February 2007

満月一日前の月

200702011captionss_1月齢13.4
高橋製作所FC-60屈折鏡筒+ペンタックス2倍リアコンバージョンレンズ+PENTAX*istD
久々に冬らしい天気になった。きょうは放射冷却で冷え込みが激しい夜になりそうだ。
久々に76枚もの画像からRegsitaxV4にて画像処理をしてみた。時間がかかったがきれいな月の像が得られ、とても口径6cmの望遠鏡とは思えない像だ。
SPHINX赤道儀をいつもバッテリーから動作させているのだが、寒さと電気馬鹿食いなのですぐになくなってしまった。無線機用の電流電圧計の付いたDC電源を取り付けてみたら、自動導入時の最大速度では、なんと2.1A(12V)も電流が流れるということがわかった。やはり、電気馬鹿食いの赤道儀であることがわかった。この消費量は、G-11の自動導入システムであるGEMINIの1.5Aより大きいので、びっくりなのである。

« 月明下のFaye彗星 | Main | 満月の晩 »

Astronomy」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

February 2023
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ