« 日本の天文市場の問題点 | Main | Losmandyから新しいDovetailシステムが発売 »

11 August 2007

自己記録更新

 最近は、カメラや写真ネタが少なくなっていますが、天体写真以外の写真はたまにしか撮らない感じだ。時間が取れないのと、体力が週末まで残っていないのが実情である。歳には勝てませんね。
 ここ一年RegsitaxV4という画像改善ソフトウエアの新バージョンが出てから本格的にこのソフトを使い出したので、まだまだすべての機能について理解しているわけではない。しかしながら、DSLRとこのソフトを組み合わせて使っている人はまだ少ないようであるが、今年になって天文ガイドにその手の記事が出てしまった関係で、早速やっている人が出だした。私は昨年からやり始めているので、天ガの記事よりは大分早いのではあるが、まあ、思いつくことだからまあ仕方ない。
 前振りがながくなったが、月を撮り始めて、位相100%の月面(すべての面が光っている)の瞬間。なるべく太陽に近い月齢(つまり新月に如何に近いか)の月を狙うことを目標にしている。その前に全月齢(1日毎)の写真を揃えるのをまず初期の目標としている。
一応、ここまで撮ってきたが、結構欠けている月齢がまだまだあることに気付かされている。特にサラリーマンであれば、通常の時間帯に勤務していると夕方は残業も多く、なかなか撮影できない。それと朝方の午前さまの時間帯はかなり無理をしないと撮影できないからである。
 ということで、撮影できたのが月齢27.26の写真である。
200708101moon1captions


ペンタックス*istD、smc PENTAX A*1:2.8/400+Rear Converter A-L 2X(800mmF5.6)
1/20sec X41frames processed by Regstax V4

« 日本の天文市場の問題点 | Main | Losmandyから新しいDovetailシステムが発売 »

Astronomy」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

February 2023
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ