« LONEOS彗星撮影成功 | Main | 栗名月 »

22 October 2007

オリオン座流星群

Img_5753s
10/22未明はオリオン座流星群の極大日だった。オリオン座流星群の母天体はハレー彗星だ。夏のペルセウス座流星群と同じ母天体の流星群として有名な流星群であるが、ペルセウス座流星群と比べるとややおとなしい活動の流星群である。しかし、昨年活発な出現があり、再び脚光を浴びた今回の極大であった。最新の予報ではヨーロッパ辺りで流星の素となる流星塵の塊が来る予報がされていた。ちょうど日本時間10/22 8時くらいで、すでに朝を迎えている時間と言うことであった。
さて、実際にはどのくらい飛んだのでしょね?
私は何と午前2時に空を見上げたら、薄雲が夜空を覆っていて雲間から辛うじて2等星以上の明るい星しか見えないというありさま。一応、インターバルタイマーをセットして寝ました。
結果として何も写っていません。

« LONEOS彗星撮影成功 | Main | 栗名月 »

Astronomy」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

February 2023
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ