« ドイツ旅行記5 | Main | K200Dのコントロールソフトウエア »

26 April 2008

ドイツ旅行記6

Imgp0465今回のドイツ旅行はどこのホテルも1泊と非常に慌しい旅なのであるが、ローテンブルグはチェックアウトぎりぎりの11時まで滞在し、回っていない地区を回った。 Imgp0474Imgp0499m_2Imgp0515mImgp0504

この日は今年から始まったお祭りの日で、町の中ではその準備が朝から行われていた。今回の旅は偶然のチャンスに恵まれているようだ。
城壁に登れる所があって、そこから恐らく銃や弓をやる場所だったのではないかという小さな覗き穴があるので、そこから外の様子を撮ったものである。それにしても、いい町だなあと思った。また、いつか機会があったら訪れたいものである。
Imgp0484お祭りのイベントで広場に置いてあったクラシックカーである。
最後に、Ekukoさんのお店によってお土産を買った。ここでは初めて知ったのであるが、旧東ドイツ側の歩行者信号のデザインをあしらったタオルとT-シャツがあったので買ってきた。旧東側に行ったのに全然このデザインに気がつかなかったので、我ながら観察力不足を感じたしだいである。本当はドイツのどこでも売っていないバウムクーヘンを買った方がよかったかも知れないが、義父母がドイツに行った際に本場のは貰っていて、実は日本のいつものお店のバウムクーヘンの方がおいしいので、買わなかったのである。これは本家より日本の方がおいしいし、容易に手に入るのである。ドイツではバウムクーヘンはお祝いの時にしか作らないケーキなのである。Ekukoさんの所であまり長居していると、チェックアウトに間に合わないということで、11時に急いでホテルに戻りチェックアウトだ。
ホテルで支払いを済ませて、荷物を車に積み込んでいたら、ホテルの方からフランケンワインのプレゼントをされてしまった。本当に古い伝統のある小さなホテルに滞在できて本当によかった。ここのホテルが一番ここまでの3泊で一番よかった感じである。
 さて、急いでフランクフルト方面へと向かったのであった。途中ローテンブルグのホテルから下の方に見えた谷の方に一旦間違っていってしまったが、川が流れていて非常に自然なきれいな場所に行ってしまった。まるでおとぎ話に出てきそうな風景であった。
 フランクフルトにこの日は宿を取っていた。翌日4/27にはウイーンに移動する関係で、フランクフルト空港の側のホテルにしたのであった。
 その前に、買い物できるかどうかわからないのですが、ドイツの老舗のバックメーカーであるゴールドファイルがあり、ドイツの皮革製品製造拠点の町の一つであるフランクフルトから東隣にあるオッフェンバッハに急いで向かった。 しかし、結論から言うとゴールドファイルのアウトレットショップの開店時間に間に合いませんでした。たったの15分前に閉店になっていました。土曜日なので閉店が14時だったのである。ということで、たったの20分位しか居ないで、オッフェンバッハの街を後にしました。直ちにフランクフルトのレンタカー返却場所を目指したのである。
アウトバーンに乗り、フランクフルトへと向かった。その前にガソリンを満タンにしないと行けないが、空港までアウトバーンで行くとまずいので、一旦ホテルに荷物を置いてから行くことにした。ホテルの場所をナビに入れたのであるが、相変わらず間違ってというかタイミングが遅くて曲がり損ねて、隣のICまで行ってしまった。そこから引き返して、ホテルの手前に偶然にもスタンドがあって、そこで給油。ホテルへは2分で到着。ベルボールのインド人ぽい人に荷物を運んでもらい部屋に入った。
急いで支度して、レンタカー返却場所へ。これがまたも色々な目にあうのであるが、非常に返す場所の表示が紛らわしくて、結局駐車場ビルを3周回してしまった。なんだゲートが3つあって、一番右だったのか?!確率1/3なのであるが、1番左から攻めたのがいけなかったのである。
 とにかくこちらは夜が長いので、フランクフルト市内観光にも出かけたのである。
Imgp0547
Imgp0556

« ドイツ旅行記5 | Main | K200Dのコントロールソフトウエア »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

February 2023
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ