« ドイツ旅行記1 | Main | ドイツ旅行記3 »

24 April 2008

ドイツ旅行記2

4/23-24宿泊のメルキュールホテル・ヴェッツラーは料金に朝食代がないので、一人20オイロ払っての朝食となった。お腹はまだまだ日本時間だから夕食に相当するので、朝からガンガン二人でドイツの食材をたんまりおいてあるので片っ端から食べた。まあこれだけ食べれば20オイロの元は取れたような気がする。とにかく乳製品とソーセージが実においしい。日本では食べられない早期熟成の生チーズは絶対に食べられない物のひとつである。それから久々のドイツパンが実においしいのである。日本ではドイツパンの評価が低いが、これは本当の物を食べてないで風潮している輩がいるからに違いないと以前から思っていたが、今回の旅行でその点は改めてそう感じた次第である。
 ホテルを9時に出てWetzlarからSolmsへと向かった。相変わらずカーナビの癖に騙されて、違う道で行ってしまいなかなか目的のアウトバーンに出られない。指示通りなら30分位で着くところを45分位掛かってしまった。
約束の10時前に着く。待合席に初老の白人男性が待っていた。この方はワシントンDCから来たアメリカ人でライカ暦40年以上の方であった。10時過ぎに見学担当の方が来て、その際にあとから4人来ると言うので待っていてほしいということで待ってしまった。この4人というのは現地の販売店主が連れて来る顧客だった。ということでツアー前に珈琲が振舞われて(私だけ水を飲みましたが)、いざ出発。撮影は当然禁止なので、荷物は預けることに。 Imgp0108Imgp0110Imgp0109

工場に入るとまず通されたのが、レンズの研磨工程だ。本当に研磨している。工程指示書にはTRI-ELMAR 16-18-21mm f/4 ASPH(http://en.leica-camera.com/photography/m_system/lenses/2193.html)が作られていた。
ライカのレンズは本当に1枚磨きで作っているのが多いようだが、どうもそればかりではないようで、今では4枚同時研磨もやっていてコストダウンしている。解説ではその辺を質問してもぼかしていた。最終研磨は大体1バッチ3~4分で研磨されて、干渉計で一枚一枚検査していた。縞の感じからするとかなりいい状態で研磨されている。球面研磨機の裏の方に芯取り機があるのがわかった。
次に案内された所では、機械の様子から同じ研磨でも非球面加工の研磨機のようだ。切削型のNC方式の加工機のようで数分で非球面加工が終わるようだ。この機械が2台あった。隣の部屋にZYGO干渉計があり、検査担当の女性が追い込みしていたが、どうも検査は抜き取りでマスターだけやるようだ。展示解説では非球面レンズの効果と説明していた。
次に通されたのが、レンズのコバ塗り工程で、4人の女性職人が1個づつ治具にセットして墨塗りしていた。広角レンズの墨塗りのありなしの比較が展示されていた。
次がM8関係の組み立てラインである。4名くらいのチームでやっている感じだ。何だかゆっくり生産していてこれじゃ高くなるのもうなずけた。
現在再配置中で、次に通された所は、マウントを加工している旋盤とかフライス盤がある所で、職人さんが何人か働いていた。無垢の素材が置いてあり、それから削り出しで作っているようだ。この場所は丁度非球面磨き機の裏に当たる場所だ。その隣が、CAD室になっていて設計している人が一生懸命CADと格闘していた。この当たりでRシステムの説明を受けた。そういえばRライカのデジタルパックシステムってまだあったのでした(汗)。この裏手がデジタル画像処理の研究室になっていて、ここが一番人が多かったが、非公開で詳細不明。
そのあと、双眼鏡も作っているので、双眼鏡の解説展示で説明。
そのあとは、M8デジタルの調整ラインを見せてくれた。光学ベンチに距離を変えた3箇所に斜めになったテストチャートが付いていて、その3箇所を撮影して最適になるようにデジタルのパラメータを調整するということらしい。ドイツ語の解説がよくわからなかったがどうもRGBのBAYER配列系の回路調整をするようである。つまり、一台一台違うのである。こんな面倒なことしているのかと思ってしまいました。
そのあと、Mライカのオーダーメードシステムの説明を受けて、こんなのも出来ますよと言っていました。
これでライン見学はとりあえずおしまい。
表のライカツリーを見て、当時のバルナックが最初に撮った写真を見せられ、その当時の凄さを改めて認識した次第です。 Imgp0117

最後に記念モデルや、バルナックの直筆のライカ設計図などの解説があり、終了。
あっという間の2時間で、最後に記念写真を撮る間もなく解散。

« ドイツ旅行記1 | Main | ドイツ旅行記3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

February 2023
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ