« April 2008 | Main | June 2008 »

May 2008

24 May 2008

最後のコダクローム

Dsc03570s 最後のコダクロームはもう使い終わっていたと思っていたのであったが、先月のヨーロッパ旅行に行く前に冷凍室をよく見てみたら、なんとKRが1本出てきたのであった。そのフィルムを5月11日にカメラ屋さんに出したら、USA送りになったのであるが、何と5月20日は仕上がってきたのである。値段は3507円であった。Dsc03571s
スリーブ仕上げにしたら、なんと長巻のまま返却されてきた。

23 May 2008

ついに出ました

A52084vln
 アメリカのORION社は低価格で比較的いい天体望遠鏡やそのアクセサリーを出している会社である。向こうに住んでいたら、さぞ大変なことになっているだろうといつも思うのであった。(ようするにすぐに何でも買ってしまいそうという意味である)
 今回久々に見てみたら、同社のStarShootシリーズの新冷却CCDカメラが出ることが予告されているのである。なんとペンタ*istDやニコンD70と同じソニーのSony ICX413AQ SuperHAD CCD Color撮像素子を搭載した天体用APS-Cサイズの冷却CCDカメラが出るのである。しかもその衝撃の値段が$1,299.95である! これはもうDSLRと同じ感覚で買えるのである。私は改造DSLR買うくらいなら、16ビットA/D変換機の付いているこのワンショット冷却CCDカラーカメラを買いたいと思ってしまった。
残念なのことは日本にORION社から直接売ってくれないことだ。いつも思うがORION社はどうにかならないものか。
今では輸入代行業者を通じて何とか買う方法もあるので、その辺を考えてみたいと思った次第です。

08 May 2008

K200Dのコントロールソフトウエア

 PENTAX K200Dを今回の旅行で約12日間がんがん使ってきた。総撮影枚数は1400枚を超えていた。我ながらびっくりした。昔の銀塩フィルムだったらこんな枚数は決して撮らなかった枚数である。
 初代*istDだったら、絶対にみんなRAWで撮っていただろうが、K200DではJPEGモードで十分な画質が一発で得られるので、ほとんどそのまま撮ってきた。時々思い出したかのようにRAWボタンがあるので、時々それを使ってみた。このボタンは非常にいいと思った次第です。
 K200Dの不満点は、以前書いた通りリモートアシスタントソフトウエアがないことである。それでペンタックスに問い合わせメールをしてみた。過日回答が戻ってきたが、開発予定はないとのつれない返事が帰ってきた。K200Dを持っている皆さん、ペンタックスにリクエストを送ってください。

« April 2008 | Main | June 2008 »

February 2023
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ