« June 2008 | Main | August 2008 »

July 2008

16 July 2008

梅雨明けはいつだろう?

 梅雨明けは一体いつなのだろう?
 最近は曇りがちで、雨が降ってもまるで熱帯のような局地的な雨が降る程度で、全く梅雨らしい天気でもない。晴れるとシーイングのいい天気となり、木星観測シーズンを迎えて、すばらしい木星面を見せてくれるような天気となるのである。
 笠井トレーディングからMirage-7を購入して約一年になるが、ようやく本領を発揮した天気に恵まれたのであった。マクストフカセは以前から感じていたのだが、ピントが明らかにシュミカセより鋭くピント合わせが非常にシビアだ。コントラストは屈折望遠鏡並みだし、すこぶる気に入っている。
 私が最初にマクストフカセ系光学系を見たのは、三鷹光器の社長さん(現会長さん)がクエスターの7インチを購入し、GN-22に載せたものをお広めしてくれたときに見せてもらったもので、あの時の像のすばらしさは今でも忘れられない思い出となっている。
 それもあって笠井トレーディングができて間もなく発売されたMK-65を買ったのが自分で買った最初のマクストフカセだった。接眼部に不満がたまり、その後処分となったが、昨年本当に久々に導入したのであった。最近はこのMirage-7ばかり使うようになってしまったくらい気に入っている。

11 July 2008

日食の撮影ツール

 インターネット社会になって、世界中の叡智を簡単に生かすことができると感じる時がある。
まさかこんなソフトウエアはないよなとかいって調べてみると、親切な人というか凄い人が世界中に最低1人はいるもので、日食の撮影用ツールを作っている人がやっぱりいるのである。

Mooglow Technologies社EclipseOrchestratorという日食撮影支援ツールが出ているではないですか。

ほかにはLinuxのシステムでやる方法はこちらに紹介されている。

ちなみに私は今回の皆既日食にも恐らく来年のも行くことはないだろう。

10 July 2008

梅雨は未だ明けないようだ

梅雨明けが早まるという予想がされていたが、関東は関係ない感じだ。この雰囲気だと例年通りになるか逆に遅いような気もしないでもない。

07 July 2008

雨天特異日

本日は新暦の七夕である。本当はこの行事は旧暦で行うべき行事だと常に思っているのだが、すう勢は新暦でやっている。従って晴れないのも当然で、梅雨が明けていないことがほとんどで大抵雨である。ここ10年だと東京は四回だけはれたようだが、星が見えたかどうかは定かではない。

05 July 2008

7/4の晩の撮影M15など

M15_20080704s球状星団M15(ぺガスス座)

SX赤道儀にSTF社Mirage-7ルマック型マクストフカセグレン搭載し、8cmガイドスコープにミードDSIproカメラ+PHDguidingV1.8.3にて自動ガイド
キヤノンEOS-20Da、LPS-P2フィルター使用
露出5分×2枚+10分×2枚加算処理後、デジタル現像など

7/4は梅雨が明けていないにもかかわらず透明度はよくないのですが、久々に撮影できる週末の晩を迎えました。雲は途中何度か通過した関係でなかなかうまく行きませんでしたが、何とか初チャレンジでSX赤道儀で1800mm直焦点をしてみました。ややガイドが甘いコマがあり、それらはすてて比較的いいコマで加算処理してみましたM15球状星団の写真を上げておきます。
本当に夏の夜は短いので、あっという間に薄明を迎えましたというのが印象です。

03 July 2008

短い梅雨

早いもので今年も半分終わってしまった。嫌な梅雨もことしは短い梅雨になるということで、早くも来週には梅雨明けになるらしい。しかし、今年の梅雨の晴れ間は昨年より少なかった感じする。これは私の場合夜星が見えたかで印象が決まるのはいうまでもない。
7月は夜九時過ぎると南東から木星が昇ってくる。木星の観測シーズンを迎えているが、なかなかいいシーイングには恵まれない。

« June 2008 | Main | August 2008 »

February 2023
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ