« SSPDSIのサイト | Main | ペンタK-Tリングオスアダプターの製作 »

28 August 2008

ICX413AQ

ORION社StarShoot ProのCCDはソニーのICX413AQである。発表されたのが2002年2月20日で、今となってはもう古い製品という感じであるが、以下の仕様である。
●主な仕様
型名 『ICX413AQ
イメージサイズ 対角28.40mm(1.8型)
形式 インターレーススキャン・インターライントランスファー方式
有効画素数 約615万(3040水平×2024垂直)
総画素数 約631万(3110水平×2030垂直)
ユニットセルサイズ 7.8μm×7.8μm 正方画素
色フィルター配列 原色モザイク配列
最大水平駆動周波数 25MHz
センサー飽和信号量 900mV
感度 1060mV
スミア値 -100dB
パッケージ 34pin plastic DIP
外形寸法 37.2(H)mm×25.4(V)mm×2.6(t)mm(リード含まず)

何と昔の記事を見てみたら、当時のサンプル出荷価格が60万円だったのである。
まあ、安くなったから冷却CCDカメラもこの値段で出てきたのだということだと思うのであった。

Icx413aq_spectrasensitivityemission


ICX413AQの分光感度がテクニカルシートに出ていたが、Bの感度は悪いがRの感度がいいのがわかる。つまり、DSLRではカットしていた赤の感度はもともと高いCCDであることがわかる。
ということで、分光感度的には天体には向いたCCD特性と言えよう。

« SSPDSIのサイト | Main | ペンタK-Tリングオスアダプターの製作 »

Astronomy」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

February 2023
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ