« DSLRと天体写真 | Main | 新月の晩はなぜか晴れません »

26 November 2008

C6用HyperStar登場

C6hs
シュミットカセグレンの副鏡を外して専用設計補正レンズを副鏡のあった場所に取り付けて、プライムフォーカスで撮影するシステムを提供しているSTARIZONA社からシリーズ最小モデルのセレストロンC6用の補正レンズが発売された。15cmF1.9(焦点距離290mm)の高速撮影システムが構築できる。ただし、プライムフォーカスとなるため冷却CCDカメラとしてはStarlightexpress社SXVF-H9C辺りしか使えないのはこのシステムの欠点というか制限である点は変わらない。
HyperStarシステムをもっと知りたい人はシステムのインストール方法の動画の英語解説ができたようなのでご覧下さい。

« DSLRと天体写真 | Main | 新月の晩はなぜか晴れません »

Astronomical Equipments」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference C6用HyperStar登場:

« DSLRと天体写真 | Main | 新月の晩はなぜか晴れません »

November 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ