« Astonomy June,2009 | Main | 漸く夜晴れました »

28 February 2009

ハーモニックドライブ赤道儀

10305l
ここの所当地は天気が悪く、折角明るい彗星であるルーリン彗星が地球に接近していても全然見ることができない。以前から気になっていたCHRONOS社(カリフォルニア州、USA)HDシリーズという新しい駆動方式の赤道儀について調べてみた。
この赤道儀が最初に紹介されたとき、まるで日本の工場現場にたくさん並んでいる産業用ロボットを思い浮かべた。実は全く同じといっても過言ではない。産業用ロボットでは当たり前に使われているのが、ハーモニックドライブと呼ばれる方式の駆動方式で、低速から高速までを連続的に加減速できる駆動方式である。しかもバックラッシュがないのが特徴である。今までの赤道儀はどんな架台形式でも大抵ウオームギヤ方式であるため、その駆動方式によっては、減速ギヤによるバックラッシュがどうしても発生していた。この赤道後はその機構がないので、バックラッシュが原理的に発生し難い原理なのである。これは追尾精度の向上と導入精度の向上が期待できる方式である。なぜいままでなかったのでしょうか? 赤道儀界の”まるで一眼レフカメラのAFの超音波モーター方式”みたいなものである。
この同社のHDシリーズは、搭載重量の違う4機種がラインナップされていて、60kg級から500kg級のものがある。小型のHD20型は、最小ブロックが約20kgと何とか一人で組み立てが可能である。値段は日本円で140万円くらいである。ASCOMコントロールができるので、いろいろなソフトウエアからコントロールが可能である。この赤道儀はバランスウエイトが不要で、子午線通過時にもそのままフリップしないで使用できるので、捜索や連続観測には向いている。最近のL型赤道儀と同じように使える。受注生産で納期は約120日である。

« Astonomy June,2009 | Main | 漸く夜晴れました »

Astronomical Equipments」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ハーモニックドライブ赤道儀:

« Astonomy June,2009 | Main | 漸く夜晴れました »

November 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ