« StarShoot Pro Deep Space Color Imager Verion 2 | Main | Crescent Moon in afterglow »

29 March 2009

リッチー・クレチアンの時代

主鏡と副鏡共に非球面の光学系であるリッチー・クレチアン光学系(RC)は研磨が難しいということで、以前は大きな天文台向けの光学系として利用されていたもので、とてもアマチュアには手の出るようなものではなかった。しかし、アメリカでは25cm以上のRCが売り出されてから、いつの間にかかなりのユーザーがいるようになっていて、アメリカの天文誌の写真の多くは25cm~40cmRC望遠鏡で撮られた写真が誌面を多く飾っている。
このようなRCを所有している方は、経済的にもかなり恵まれている天文マニアの方であるのはいうまでもない。
ところが先月台湾系の会社が研磨しているカーボンファイバー鏡筒を使った15cmと20cmのRC望遠鏡が手の届く価格で発売された。
アメリカで同じ商品を扱っている会社の広告には、もっと大きなものも衝撃的な価格で出るという予告が先月出ていた。先日到着したアストロノミー5月号にその衝撃価格が出ていたので紹介しておく。
10インチ(25cm)が2795ドル、12インチ(30cm)が4495ドルという価格であった。
これは本当に衝撃的な値段だ。
従来から出ている製品は12.5インチRCだとほとんどのメーカーが20000ドル以上で、とてもおいそれと買えるものではなかったのである。
ここの会社のニュートン式反射鏡が性能がよく、安いことが今日の安い反射望遠鏡製品を支えており、研磨技術は結構いいといわれている。ここでRCのミラーも作れるようになったから、このような安いRC望遠鏡が出たのは喜ばしいことであるが、どの程度の性能なのか見てみたいというのが本音である。

« StarShoot Pro Deep Space Color Imager Verion 2 | Main | Crescent Moon in afterglow »

Astronomical Equipments」カテゴリの記事

Comments

sassanさん、ご購入おめでとうございました。
25cmRCでは赤道儀が確かにEM-200だとちょっと厳しいかも知れませんね。
私も25cmシュミット・ニュートンはきついのとEM-200のモータードライブの酷さに閉口してG-11にした私ですから、何となくイメージできます。やはり、20cmを超えるとそれなりの赤道儀をまず用意しないと行けませんね。
20cmRCのリポートも機会がありましたら、お願いいたします。

NGC管理人様、こんにちは。

ご無沙汰しています。前回のご助言から、ついにAT8RCを予約購入してしまいました。

AT10RCの仕様が、公開されるまで待っていたのですが、重量が33ポンドと重く、EM200には重すぎたため諦めAT8RCをポッチてしまいました。
プレートがロスマンディーDプレートとVixenアリミゾが装備され接眼部の仕様も日本のものと異なります。

因みに、10インチは、冷却ファンが3個鏡筒底部についているようで、なぜか写真掲載が1日余りで止められています。

貴重な情報ありがとうございました。では、では。

NGC管理人様

昨年、秋から同好会に入会し天体写真を始めた初心者です。

今回、RCの件、いろいろお教え頂きましてありがとうございます。
笠井のRC8インチに興味を持ち、GSO社に問い合わせしたところ、今年度中に10、12、16インチを販売するとのコメントが返って来ました。
その後、販売代理店のHPをいろいろ暇にあかし見ていました。
そのとき、OrinのSS-Pro関係で登録していた貴HPを拝見したところこの商品のコメントがありお問い合わせしたしだいです。
当面は、予定は無いのですが、RC10インチと三ツ星さんから届くのを待っているSS-Proと組み合わせ系外星雲をとりたいと思っています。
その練習で、Ginji200FNにエクステンダー2.0×取り付けガイド確認など行っています。
その結果は、所属している西明石天文同好会の画像掲示板に恥ずかしながらアップしています。

今後とも、解らないことがあればお問い合わせするかも知れませんがよろしくお願い申し上げます。
sassan

sasanさん、はじめまして
こちらこそいつも駄文を読んでいただいて恐縮しております。
ご質問の件ですが、アメリカの販売店は有名な販売店の1つであるastrnomics(680 24th Ave., SW, Norman, OK 73069 USA)です。
同社は以前からほとんど日本の笠井トレーディングと扱っている製品とダブっている販売店と言っても過言ではないでしょうか。ただし、日本に売ってくれないこともあるようで、問い合わせしてみてください。
また、もしお買いになったらどんな製品だったかお教え願えればと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

ついでに向こうのラインナップと値段を参考に
Astro-Tech AT6RC $795
Astro-Tech AT8RC $1995
Astro-Tech AT10RC $2795
Astro-Tech AT12RC $4495(約45万円)
となっています。製造は台湾のGSO社です。

はじめてお邪魔します。ちょくちょく Brog拝見しています。

G*O社製だと思いますが、RC10、12インチの販売店をお教えいただけるのでしょうか?南アフリカの販売店では、10インチまで扱われていました。

現在、SS-Proの到着待ち中の身です。
またよろしくお願いします。

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference リッチー・クレチアンの時代:

« StarShoot Pro Deep Space Color Imager Verion 2 | Main | Crescent Moon in afterglow »

November 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ