« PENTAX67II&645NII生産終了のアナウンス | Main | リッチー・クレチアンの時代 »

25 March 2009

StarShoot Pro Deep Space Color Imager Verion 2

Orionsspdsciv2
アメリカ・カリフォルニア州にあるOrion社からソニー610万画素カラーCCDを搭載した冷却CCDカメラであるStarShoot Pro Deep Space Color Imagerの後継機であるStarShoot Pro Deep Space Color Imager Verion 2が発売された。CCDは変更されていない。主な変更点は、冷却TECのスイッチをオフにすることが可能になったこと。CCDと赤外透過ガラスウインドウの位置関係が変更になったことである。 前者は、高湿度で使うと窓が曇ってしまうことが起きることへの対応である。このあたりは私だけではなく世界中の多くのユーザーがどうも多く経験し、改善要望が多かったのでしょう。後者は三ツ星で話題になっていた窓のガラスの位置関係が悪いことによるゴーストの発生現象の改善を目指した改造だと思う。この辺も要望を取り入れたのでしょう。値段は前モデルが1299ドルであったが、100ドル上がって1399ドルになった。これでもかなりお買い得なカメラだと思う。欲をいうと多少高くなってもいいから、TECの温度コントロールが出来ない物が作れないでしょうか。ちなみに製造しているのはこの製品もカナダであるのはいうまでもない。

« PENTAX67II&645NII生産終了のアナウンス | Main | リッチー・クレチアンの時代 »

StarShoot」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference StarShoot Pro Deep Space Color Imager Verion 2:

« PENTAX67II&645NII生産終了のアナウンス | Main | リッチー・クレチアンの時代 »

November 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ