« ライカの見える坂 | Main | Globular Cluster M12 »

08 March 2010

小池清通さんの写真展に行ってきました

 本日漸く2年前に私のホームページのBBSでお知り合いになり、現在に到る方で、アメリカで精力的に撮影をしている小池清通さん来日写真展が、六本木の富士フィルム・フォトスクエアSpace2てに開催されているので、寄ってきた。
 3つのギャラリーがあるが、その中でも秀逸な作品群で、某風景写真の先生の作品は何だろうという感じでした。久々にすべて銀塩のオリジナルプリントの凄い写真展を見てきた感じである。
 日頃ネットでも作品をお目にかかっているので知っている作品も多かったが、やはりオリジナルプリントは違うし、小池さんの視点が伝わってくるいい写真ばかりだ。これらの作品群を見ていると、私もいつか大自然の厳しい砂漠の風景を生で眺めてみたいと感じずにはいられなかった。
 星の好きな私は、この砂漠に夜訪れてみたいと感じた。その砂漠で寝ながら一晩地球の自転を感じながら、満天の星空の元で過してみたいと思った次第です。
 ちなみに小池さんは、ペンタックスの機材で撮影していて、LXとペンタックスレンズ群による撮影が主であり、一部TX-1でのパノラマ撮影によるものです。どの作品も135判フィルムからの作品とは思えないクオリティの高さである。これもいいプリンターさんとの出会いがあってこその作品です。

会期は3/11までです。
まだご覧になっていない方はぜひご覧ください。久々に感動した写真展でした

« ライカの見える坂 | Main | Globular Cluster M12 »

写真」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

February 2023
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ