« 月面3/3 | Main | ライカの見える坂 »

04 March 2010

GSO社製10インチRCカーボン鏡筒発売

Astronomy Technologies社Astro-Tech AT10RCF Ritchey-Chrétien astrographカーボン鏡筒仕様の発売アナウンスがなされた。先に出されたものはアルミニウム鏡筒(US$2,695、重さ15.48kg)だったので、値段は安いが熱膨張係数が大きくピントのずれが大きいはずで、8インチと同様にその欠点のないカーボン鏡筒の発売が待たれていた。いよいよその発売されたのである。値段はUS$3,895で日本円約38万円で驚異的が価格である。D250mmfl2000mmF8で重さ35ポンド(15.75kg)推奨赤道儀はロスマンディG11以上の搭載重量クラスの赤道儀が必要である。私が持っているミードSN10シュミットニュートンとほぼ同じ重さであるが、鏡筒長が恐らく短いので、赤道儀の負荷はSN10より小さいはずである。取り付けプレートはLosmandy Dシリーズである。光学系製造は台湾GSO社製であるのはいうまでもない。笠井トレーディングは一体いくらになり、どういう仕様にしてくるのだろうか?

« 月面3/3 | Main | ライカの見える坂 »

Astronomical Equipments」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 月面3/3 | Main | ライカの見える坂 »

November 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ