« May 2014 | Main | December 2014 »

November 2014

30 November 2014

AOS擬似カラー合成モザイク処理したオリオン座付近

11/14と11/15にナローバンド撮影したオリオン座北部と南部をモザイク合成してみました。空の具合など違うこともあり、なかなか同じ感じに仕上げるのは至難の業ですね。
各モノクロチャンネルで合成しようとしたら実はカラー合成がうまくいかなかったりとまだまだ課題が多いです。
Orionn_20141115_aos_stitchrotatings
SMC-PENTAX-A645 120mmF4MACRO(F4.0)
Baader Planetarium Narrow band filtres(Ha,SII,OIII)
Moravian Instruments Inc., G4-16000(CCD temperature -25deg.)
VIXEN SX赤道儀ノータッチガイド


27 November 2014

AOS合成によるバラ星雲からバーナードループ

Rosetta_20141118_aosbAOS合成によるバラ星雲からバーナードループ
Exp. R:Ha 10x300sec., G:OIII 12x300sec., B:SII 11x300sec.,
SMC PENTAX-A645 120mmF4.0MACRO(F4.0)
Baader Planetarium Ha filtre, OIII filtre, SII filtre,
Moravian Instruments Inc., G4-16000(CCD Temperature -25deg.)
VIXEN SX-mount unguided tracking

24 November 2014

天に咲く冬の蒼い薔薇

擬似カラーだとこんな感じのバラ星雲ができてしまいました。
実際に青い薔薇の花は遺伝子組み換えで作られましたが、星空の薔薇は擬似カラーで作られました。
Bluerosettab天に咲く冬の蒼い薔薇

Orion Optics UK AG16 astrograph (D400mmF3.8)
Moravian Instruments Inc., G4-16000 Cooled CCD camera
Filter: Baader Planetarium SII, Ha
Exposure: R: SII 2x600sec., G: Sum Ha & SII, B: Ha 3x600sec.
Mount : Asko SX-260PW Germam equatorial mount

20 November 2014

SAO擬似カラー合成によるぎょしゃ座中心部付近

昨晩11/19は天気が辛うじて持ちそうな予感がしたので、寝ている間に撮影させておこうとSAOフィルターの順番で撮影シーケンスを組んでいた。ところがいつものことですが、うっかりSAVEにチェックを入れ忘れて3時間半くらい無駄骨の撮影をしてしまった。
きづいたのが3時半くらいで、そこからなんとか各10分露出2枚しか撮影できませんでした。
Sao_aurbSAO擬似カラー合成によるぎょしゃ座中心部付近

SMC-PENTAX A645 120mmF4.0MACRO(F4.0)
Baader Planetarium Ha, SII, OIII filtre
Moravian Instruments Inc., G4-16000(CCD Temp.-25degree)
VIXEN SX-mount
Exposure R:SII 2x600sec., G:Ha 2x600sec., B:OIII 2x600sec.,


15 November 2014

AOO擬似カラー合成によるおうし座中心部

11/14金曜日の晩を迎えた。昨晩に引き続き今夜も快晴である。昨晩との違いは風がないのとやや透明度が落ちた
ことだろうか。
前から試してみたかったおうし座方向のモアモア写真が自宅の光害のある場所から捉えられるかである。
何とかナローバンドで捉えられたようです。
Tau_20141114_135824_aoorgbbAOOる擬似カラー合成によおうし座中心部付近

SMC-PENTAX A645 120mmF4.0MACRO(F4.0開放)

Baader Planetarium Ha filtre, OIII filtre,

Moravian Instruments Inc., G4-16000(CCD temperature -25 deg.)

VIXEN SX赤道儀ノータッチガイド
露出 Hα 9x300秒、OIII 6x300秒
AOO合成

14 November 2014

HαによるM35付近

月明かりがあるがナローバンドなら撮影できるので、久しぶりの冬型の空の下風が強いが撮影することにした。こういう夜は主砲直焦点では星像がぼわぼわになるので、カメラレンズでの撮影をお気軽にすることにした。
M35_20141113_162527_halpha_10x300sdHαによるM35付近
SMC-PENTAX-A645 120mmF4MACRO
Baader Planetarium Ha(7nm)
Moravian Instruments G4-16000(CCD Temperature -25deg.)
VIXEN SX-mount
Exp.10x300sec.,

M35chartFinding Chart by the Guide Ver.9


07 November 2014

LBN 912 of NGC 2264 in Mon. on 28 Oct., 2014

フィルターホイールの実際のフィルターセットの順番をソフトウエアに指示するデータを間違えて撮影をしてしまいBフィルターの撮影データがなかったので、仕方ないのでHaRG合成をして処理したものである。
Lbn912_harg_ms
LBN 912付近
Orion Optics UK AG16(D400mm Focal length 1520 mm F3.8) astrograph,
Astronomik Ha,(13nm), R,G filtre
Moravian Instruments G2-8300FW camera(KAF-8300, CCD temp.-25deg.)
Exp.R: Ha (13nm) filtre 4x300sec., G: R filtre :4x300sec., B: G filtre 4x300sec.,
Asko SX-260PW赤道儀
PENTAX 100SD-UF + G0-0300 auto-guider
SIPS ver.2.3にて自動ガイドと撮像
MSB ASTROART5にてダーク・バイアス・フラット処理後Sigmaクリッピング加算処理にてコンポジット
デジタル現像など、
部分トリミング

Lbm912chart参考星図


05 November 2014

SAO擬似カラー合成によるオリオン大星雲付近

久しぶりにこちらのBLOGに記事をアップします。
M42_saobGreat Orion Nebulae
Orion Optics UK AG16 (D400mmF3.8) Astrograph
Baader Planetarium Narrowband filtre set
Moravian Instruments Inc., G4-16000 camera (CCD temp.-25deg.)
Asko SX-260PW Goto German Equatorial mount
PENTAX 100SD-UF refractor + Moravian G0-0300 auto-guider
SIPS Ver.2.3にて撮像と自動ガイド
Exp. R:SII 2x600sec., G:Ha 2x600sec., B:OIII 2x600sec.,


« May 2014 | Main | December 2014 »

February 2023
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ