« December 2014 | Main | March 2015 »

January 2015

31 January 2015

NGC4266付近 & 70P/Kojima on 28 Jan., 2015(UT)

しばらくこのブログのメンテナンスを疎かにしていて変な広告サイトにジャップしてしまっていました。ご迷惑をおかけしました。対策してみたのですが、大丈夫でしょうか?
先日撮影してみたおとめ座にあるNGC4266の当たりには系外銀河がたくさんあり、その付近に小島周期彗星(70P)が同一視野に入りそうなのでねらってみました。
Ngc4266_20150128_lrgbflb
NGC4266 and 70P/Kojima
Exp. L:30x120sec., R:4x300sec., G:4x300sec., B:4x300sec.,
Orion Optics UK AG16 Astrograph(D400mmF3.8),
Baader Planetarium LRGB filtres set,
Moravian Instruments Inc., G4-16000 Cooled CCD camera (-30degree),
Asko SX-260PW GOTO German Equatorial mount,
Guided by sips Ver.2.3.2, G0-0300 camera through PENTAX 100SD-UF,
MSB ASTROART5.0 SP4, Stellaimage Ver.7.1a, FLATAIDE
Ngc4266_20150128_lrgbflb_revNegative image

Ngc4266_chart
Referece chart by the Guide Ver.9


25 January 2015

Leo Trio on 23 Jan., 2015(UT)

光害のカブリ処理が難しくて、フォトショップの必要性を感じます。今の私のレベルではここまでが限界に近いです。
Leotrio_20150123_lrgb_modしし座の系外銀河
英国製オライオンオプティックス40cmWynne補正レンズ式アストログラフ望遠鏡、チェコ製モラビアンインスツルメンツ社G4-16000ラージフォーマット冷却CCDカメラ(CCD冷却温度-30℃)、ドイツ製バーダープラネタリウム社LRGBフィルター50mm角サイズセット、日本製アスコSX-260PW赤道儀(ドイツ製FS2モータードライブコントローラに自家改造)
ペンタックス100SD-UF屈折+G0-0300ガイドカメラによる自動追尾
露出L:12x300秒、RGB各3x300秒

21 January 2015

適正露出時間の計算

アメリカのSTARARIZONAショップの冷却CCDカメラの最適露出時間計算方法の解説があるhttp://starizona.com/acb/ccd/calc_ideal.aspx
一度しっかり検証されてみるといい。

01 January 2015

謹賀新年2015

ご訪問者様各位


M421_82x25smyear2015jpg

« December 2014 | Main | March 2015 »

February 2023
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ