« March 2020 | Main | May 2020 »

April 2020

30 April 2020

小惑星1998 OR2 on 2020/04/29.5706UT

1998or2_20200429_132526_c_34x60scaption
2020/04/29.57061UT(撮影中心時刻), Exp.34x30sec., 0.4-m F/3.8 Astrograph+CCD, Q21 Southern Utsunomiya Observatory

28 April 2020

M13,M92 & M5 on 2020/04/25UT

観測所のリニューアルを行ったので、待望のM13とM92が撮影できるようになりました。 Springglobularclusters20200425
球状星団M13,M92とM5 こうやって見るとM5はM13に匹敵する大きさの球状星団だと思います。

North American Nebulae on 2020/04/25UT

漸く移設が完了して視界が広くなりました。今までは天頂もほとんど見えない南東方向の一部しか視界のない中で一生懸命限られた対象だけで観測を行ってきました。一念発起して先が長くないので、思い切って観測できる環境を実現しました。 ということで、北アメリカ星雲を撮ることができました。 Ngc7000_aoo
AOO合成による北アメリカ星雲
Ngc7000_sao SAO合成による北アメリカ星雲
Orion Optics UK AG16 astrograph(D400mm fl.1509mm), Exp.SII:3x600秒, Ha:3X600秒, OIII:3X600秒 SII, Ha, OIII バーダープラネタリウムナローバンドフィルタ 50mm角サイズ Moravian G4-16000 Cooled CCD camera(CCD temp.:-25deg.) Asko SX-260PW赤道儀 G0-0300ガイドカメラ使用

27 April 2020

C/2020 Y1 (ATLAS) on 2020/04/25.76872UT

本当に久しぶりの彗星の撮影となりました。
C2019y1_20200425_181328_20x60sc C/2019 Y1(ATLAS)
CK19Y010 KC2020 04 25.76872 02 04 39.42 +77 03 33.3 11.2 V Q21,
Exp.20x60sec., 0.4-m f/3.8 Astrograph, CCD

24 April 2020

自宅から固定撮影によるさそり座

Smilkywayfrommyhome20200424
バルコニーが広くなったので自宅から撮影機材を展開するのが楽になりました。スライディングルーフが来るまでは広々としています。

18 April 2020

機材設置(引っ越し)

日頃の行いが悪いのか朝から大雨が降っています。昔からイベントがあると天気が悪い所謂雨男です。 皮肉なもので、引っ越し作業が終わった午後になると天気が回復してきました。1日遅らせられればいいのですが、引っ越し業者の都合もありますから仕方ありません。 雨の中機材はクレーンというかユニックを使って雨の中設置作業を行い、無事設置されました。
Ssx260setup1
この写真は天気が良い別の日に撮影しました。 以前は軽量ブロック1段でしたが、ベースの計量ブロックを2段積みにしたので、以前より高くなっています。覗くのが怖いくらい高くなりました。最近上を向くとめまいがします。時々ヒヤッとすることがあります。気を付けないと転落します。覗かないで対象を導入できるようにしないと行けないでしょうね。
しばらく以前と同じように野ざらしになります。スライディングルーフが来るまでは今までと同じAstroZapの365Telescope Coverの特注品のお世話になります。このカバーも9年が経過して少し劣化してきています。でもよく持っていると思います。耐久性が高いカバーです。少々値段が張りますが、野ざらし観測所をする方は必須アイテムだと思います。

16 April 2020

日本の小惑星観測者の状況

先日小惑星センター(MPC:Minor Planet Center)のホームページに小惑星の観測所毎の観測数などのデータが集計されているサイトがある。
そのテーブルには国毎に並べ直したりすることができるので、日本国内だけの観測所の2014-2018年の集計をしてみました。
MPCには観測所毎にコード番号が振られています。
日本の小惑星の観測所は以下です。○印はアマチュア個人観測所
300:美星スペースガードセンター
349:上尾○
372:芸西
381:東京大学木曾観測所
408:入笠
900:守山○
D44:国立天文台・石垣島天文台
D81:長野○
D95:栗原○
P93:JAXA
Q11:新城○
Q21:サザンウツノミヤ○

こんな感じです。
Mpc_q21activity20142018
私の観測所Q21は昨年秋から休止中です。再開は今月末くらいからを目指しております。

05 April 2020

アンカープレートの再設置作業

昨年倉庫に家財道具と一緒に預けた機材一式を引っ越し時に設置しないと行けない。そこで、前もって赤道儀の設置のためにアンカープレートを設置しないと行けない。ということで、今週末はブロックとインスタントモルタルを近所に買いに行きました。アマゾンでモルタルこねる道具類は予め購入しておきました。 Dscf1693

02 April 2020

初めての「彗星の夏の学校2020 ZOOM」に参加

彗星を主に観測していながら、彗星の夏の学校の存在は知っていながら参加したことはありませんでした。
何しろ英語嫌いですから、論文の詳細を理解して人に説明するなんて大学院の時でも一苦労していました。
英語の微妙なニュアンスとか日本語に違和感なく訳すなんて大変。
でも仕事柄論文は毎日くらい色々ななめ読みはしていますが、分野違うからな。
今回久しぶりに色々と刺激を受けましたが、老齢になりましたがまだまだ勉強だと思いました。
時節柄リモート会議形式だったので、実は参加できたというのが本当のところです。いい時代になりました。
地方にいる身としてはいい時代になりました。まあ、仕事は今は在宅勤務なので東京には行っていませんが、
こういうイベントホイホイ参加するには今まではハードルが高かったというのが本音です。
今回の彗星夏の学校で一番気になったのが、この論文です。

さて、早く復帰しないと行けませんね。
実は昨年から難病闘病生活中です。

« March 2020 | Main | May 2020 »

February 2023
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ