« M15 | Main | スライディングルーフの屋根塗装1 下地塗り編 »

01 August 2020

観測所の塗装どうするか

スライディングルーフが設置されたので、準備するのが大分楽になりました。段々年を取ってくるとこの組み立て設置作業が大変になるので、移動観測がきつくなるという話はあちこちから聞きます。これは自分自身が若いころから先輩方からうかがっていた話でした。自分は20代に山の上にドームを作ってしまったので、大型機材を入れてしまった関係もあり、ジプシー期間が意外と少なく、移動観測(観望・撮影ですが)は年に数回程度でした。今考えると望遠鏡の稼働率が低いですね。

さて、念願の自宅観測所ができたので、これから準備時間が少なく調整時間もあまりなく撮影できると思っていましたが、実際にはこの夏場の暑さで、中が意外と熱くなじむのに時間がかかります。まあ、以前の365カバーを使っている時よりは屋根がある分暑くならなくなっています。

でも36℃を超えると中もほぼ一緒でした。

今回オプションの遮熱塗装はお願いしませんでした。理由は屋根だけで14万7千円もするからです。

ということで夏休みになったら、塗装しようかと思っています。

Ggeb2933

« M15 | Main | スライディングルーフの屋根塗装1 下地塗り編 »

My Observatory」カテゴリの記事

Comments

のんたさん、こんばんは。
ニッシンさんに最初から依頼されていたのですね。
塗装は見た目を気にしなければ、手順通りにやれば2万円以内で塗れるので、そうしました。アサヒペンのプライマー5Lがだいたい8500円、遮熱塗料5Lも同じ値段です。これだけで1万7千円。あと、ローラーと専用長い棒で2500円くらいです。あと、一応刷毛も買っても2万円でおつりがきます。ちなみに屋根の2度塗りの値段です。おそらく観測室も塗っても倍の材料代くらいかと思います。
ちなみに外気温度との差はまだ塗っていないので、わかりません。おそらく断熱作用がどの程度かによりますし、換気扇で換気しているから外気温と同じになってしまうのですよ。それ以上上げるのを防止出来る効果しか期待できません。温度下げるにはエアコンしか手段はありません。

g-logさん、ご無沙汰しております。
今度機会があればお立ち寄りください。
今のお住まいにてっきりスライディングルーフ移動されたか新設されたかと思っていました。ぜひ設置ください。
やはり今は全自動ではないので、初期の位置設定だけはしないと行けませんが、カメラの冷却と鏡の順化の時間がネックになっています。遮熱塗料で少し変わるかと期待しています。どうもこの酷暑で需要があるのか遮熱塗料の入手に時間がかかっています。

僕もスライドルーフ購入時遮熱塗装どうするか悩みました。全体だと30万したのですが、思い切ってやってもらいました。でも屋根だけ出来たんですね。
室内の温度が外気温と同じだったので効果ありと思っていましたが、塗装なくても同じなんですね......。塗装やらなくても良かったのかな。

自宅にスライディングルーフがあると望遠鏡の稼働率がグッと上がりますね。私は引っ越してからはコレがなくなったので稼働率が下がりつづけ、今ではほとんど休止状態です。やっぱり屋根はいいなぁ。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« M15 | Main | スライディングルーフの屋根塗装1 下地塗り編 »

October 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ