« M51(NGC 5194) in CVn on 2021/02/19 | Main | M22 on 2021/05/03 »

24 February 2021

NGC 5907 on 2021/02/17

Ngc5907_20210217_175615_c_10x60smfdlrgbm NGC 5907(2021/02/17撮影)
露出 RGB各3X300秒、L:10x60秒
イギリス製Orion Optics UK AG16 天体写真鏡(焦点距離1510mmF3.8)、バーダープラネタリウムCRGBフィルター、
チェコ製Moravian G4-16000 ラージフォーマット冷却CCDカメラ(CCD温度-25℃)、
アスコSX-260PW赤道儀(FS2自家改装自動導入)
追尾 ペンタックス100SD-UF+G0-0300ガイドカメラにて、
撮影コントロールソフトウエア SIPS
画像処理 前処理MSB社ASTROART7SP5
仕上げ SI8にてカラー合成 かぶり処理など
なかなか光害の影響で迷光によりWynneコレクターの斑が出てしまうのが、改善しない状態です。こんな状態で撮影しているので、ことしの秋になるとこの機材も10年を迎えます。本当に久しぶりにカメラにRGBフィルターを取り付けました。そこで、春の系外銀河を撮影する季節となったので、狙ってみました。低輝度部を切りすぎるとアドバイスをいただきますが、斑が酷いのでこれでも取り切れていませんが、この辺が私の画像処理と手持ちのソフトウエアでは除去するのが限界です。実は皆さんお使いのFLATAIDEがマスクがうまく作れずに意外と使えなくてこのソフトもお蔵入りしました。しばらくこの斑の除去法に悩んでいて、フラットエイドのマスクの問題点がわかっているので、それと似た処理をどうやって実現できるか検討していました。結果として、星を消す処理をできるASTROART7でセルフマスクを作ります。これでコレクターの斑を取り除く方法をMSBのASTGROART7でできるようになったので、今回その処理を使っています。

« M51(NGC 5194) in CVn on 2021/02/19 | Main | M22 on 2021/05/03 »

天文」カテゴリの記事

Comments

のんたさん、こんばんは。
斑だらけでどうにもなりませんが、最近MSBのSPASTROART7の星消しスタック前処理で星をある程度消します。その後、Errosion処理で明るい星と星雲自体を削って行きます。その処理を何度か行ってできた星消し画像で除算処理して、コレクターの斑を消しています。これでも変な背景斑がまた出てしまうので、低照度側をカットしてしまっています。
目の前のLED街路灯をスマホでオンオフできるようにしてほしいです。

NGCさんおはようございます。

AG16、夢の望遠鏡ですが都会で使うと明るい光学系って事もあっていろんな被りが出てしまうんですね。
僕のASA10Nもε-160EDもリング状の被りが出ることがあります。
近くの電灯がLEDに代わってひどくなった気がします。最近は段ボール箱を上からかぶせて上横に光が来ないようにして多少改善されました。街灯も傘を付けた光害対策仕様を標準化して欲しいです。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« M51(NGC 5194) in CVn on 2021/02/19 | Main | M22 on 2021/05/03 »

October 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ