« 冥王星の1日の移動 | Main | The outburst of 29P/Schwassmann-Wachmann »

06 August 2021

散光星雲 2題 2021/08/05撮影

Northamerican_20210805_124321_ha5x300s4x
北アメリカ星雲付近 LBN359 & LBN 343
Orion Optics UK AG16 Astrograph(D400mmF/3.8 f.l.=1510mm),
Haフィルター
Moravian Instruments G4-16000(CCD温度-15℃)
旭精光研究所SX-260PWドイツ式赤道儀
ペンタックス100SD-UF屈折+G0-0300ガイドカメラ
露出3x300秒+4×600秒

Vdb142_20210805_141446_ha_2x600sm
vdB142付近
Orion Optics UK AG16 Astrograph(D400mmF/3.8 f.l.=1510mm),
Ha filtre, Moravian G4-16000 CCD camera(CCD temp.-15deg.),
Asko SX-260PW mount, auto-guided by G0-0300 camera through PENTAX 100SD-UF refractor.,
露出2×600秒

久しぶりに星で光軸修正しました。周辺までバッチリ合いました。これでも実はまだ十分に追い込めていません。

« 冥王星の1日の移動 | Main | The outburst of 29P/Schwassmann-Wachmann »

天文」カテゴリの記事

Comments

のんたさん、コメントありがとうございます。
貧弱なクレイフォード接眼部にカメラ3kg超えのヘビーウエイトカメラを載せているので、これが自重で向きで光軸が実は変わります。
手順としては、コレクターを外して通常の接眼筒に変更、レーザコリメータ(バーダープラネタリウム製)で合わせて、CATSEYEで合わせて、コレクターに変更。カメラをつけて星で合わせました。合わせる時は天頂付近で合わせました。レンチを落としたら主鏡がおしゃかになるし、1.5m脚立に乗っているので、命がけです。

NGCさん、こんばんは。
40cm大口径のHα画像迫力ありますね。
光軸も明るい大口径望遠鏡となるとかなり合わせるのに苦労されるのではと思いますが、通常の方法では厳しいですか? やはり最終的には星で合わせるのがベストですよね?

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 冥王星の1日の移動 | Main | The outburst of 29P/Schwassmann-Wachmann »

October 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ