Astronomical Equipments

11 February 2023

銀塩時代の天体写真機材とデジタル時代の天体写真機材についての雑感

天体写真は、一般的な写真と違って普通に撮って出しではまともな写真になりません。これはデジタルになって余計にそうなったのかも知れないと感じます。 銀塩写真時代は、星をひたすら追いかける追尾するために赤道儀をコントロールして長時間露光していました。フィルムもそのために水素増感処理とかフィルム冷却カメラなどカメラも改造してフィルムが浮かないために、フィルム吸引改造などをしていました。後処理はDPEの湿式処理でこちらも時間がかかりましたが、化学処理なので一定の条件で処理すれば、そんなに変わるものでもありませんし、いじる範囲が限られていました。 それが、デジタルになると、撮影は量子収率が銀塩フィルムと違って劇的に改善したので、短時間露光でできるようになりました。それも結局クオリティを追求すると銀塩時代より総露出時間が長くなりました。それは多数枚を加算処理して重ねることがコンピュータ処理で可能になったからです。これが長時間露出へのこだわりに陥る理由です。このへんは機械任せでほっておくことができるので、色々と対策をしていれば、お金かければどうにかなるレベルになっている感が否めません。結局、財力勝負みたいなことになってきているように感じます。一番大きなのは結局いいカメラがないといけない。ここも大陸製のカメラが販売されてハードルが少し下がりましたが、いいものを追求すると結局同じ道をたどります。沼が深いですね。 デジタルになって赤道儀の精度をあまり言わない感じの方がいらっしゃいますが、実は解像度の高いデジタルでは短時間露光の長時間総露出になるので、実は赤道儀の質が画質に効いてきます。海外ではそのことに気づいたハイアマチュアの方は、15年以上前に一番普及していたLosmandyからAstroPhysicsへ移行した方が結構いました。理由はピリオディックモーションの大きさでした。最近はそれがダイレクトドライブのPlaneWaveへ移行している方が多い感じです。一方、欧州ではハンガリーやオランダのメーカーから廉価で高精度の追尾精度を有する赤道儀としてウオームギアを使わないフリクションホイール方式の赤道儀が販売されています。それにロータリーエンコーダーを使って高精度導入が可能である赤道儀が販売されています。特にオランダには搭載重量が大きいフリクションドライブ方式の赤道儀が大陸製に負けないくらいの値段の赤道儀が販売され、日本でも販売代理店ができています。今私が新たに観測所用に買うならこのメーカーの赤道儀にします。 追尾精度は最微等級に影響がでることが海外では知られています。しかし、偏西風帯にあるシーイングが大きな日本ではその影響を気づく人が少ないのだというのが背景にあると感じます。シーイングが悪い日本での都市伝説が、日本では25cmで十分というような話がありましたが、やはり天体写真は光を如何にあつめるかが勝負なので、結局は口径がものを言います。しかし体力と財力との兼ね合いで、25cmというのが実用上の限界と言えるかも知れません。この辺りの光学系の値段破壊をした大陸製の光学系の価格破壊はものすごく貢献していると思います。 赤道儀もこの25cmクラスを搭載できる追尾精度がいい赤道儀も大陸製のものが70万円くらいで買えるようになってきました。 問題は電子化が進んで、商品寿命がフィルム時代と違って長くないことが問題かも知れません。機械部分は長く使用できると思いますが、制御系の電子系部分が更新できないとこの趣味長くやれなくなったかなあと感じます。お金かかるなあ。

19 September 2019

ちょっと気になるカメラ2

シリーズ記事第2段がもう書けるとは思いもしませんでしたが、イギリスで9/18の話題になっていたのが、キヤノンからEOS Raという天体写真用モデルが出るという話題です。しかもここにこんな詳細なものが出てしまったというので、フライングなのかどうなのか噂でもちきりです。すでに国内でも話題になっています。

25 August 2019

ちょっと気になるカメラ1

掩蔽観測は時間の記録精度が要求される。そのため、GPSを使って精度のいい時間を得るようなシステム構築が必要である。 撮影の動画機材も時間を記録できる必要がある。こんな目的用のカメラがないかということで気になっているのが、QHY社QHY174/GPSだ。 値段は$1239でだいたい売られているようだ。 このカメラは、NASAがニューホライズンで冥王星の軌道をより正確に求めるために冥王星による掩蔽観測をする際に使用したカメラのようです。 ということで実績があるカメラです。

15 August 2016

Orion StarShoot Auto GuiderのWin10ドライバー

Windows10になってから動かないとかいろいろとあるようですね。

自分の忘備録としてOrion社SSAGのドライバーの最新サポート箇所をアップしておきます。
http://www.telescope.com/catalog/product.jsp?productId=99565

30 September 2012

Parmount ME II新型赤道儀アナウンス

アメリカ・ソフトウエアビスク社からParamount MEの後継機であるParamount ME IIが来年2013年2月から出荷されるというアナウンスが本日ありました
2012年12月中の注文受付まで$12750での販売だ。予約金$5000です。
今度の赤道儀はRA軸にもオーダー時に$3000追加で絶対位置を測定するアブソリュートエンコーダーを内蔵できることとUSBになったことです。それから搭載重量が109kgに大幅アップしています。
100万円クラスでこの精度と搭載重量は魅力的な赤道儀で、ロボット制御ができるので、無人天文台を考えている方はこの赤道儀は1つの選択肢だと思います。

28 January 2012

Guide V9のインストール方法

Project Plutoから昨年Guide V9が出ました。
まずはDVD-ROMをいれて、画面通りインストールします。


Instguide1_2


Install to hard driveを選びます。
次に出てきたメニューで、必要なデータファイルや設定ファイルを選んでやると、すべてHDD上にインストールされます。PCの能力にもよりますが、20分から30分以上かかります。
一度、FIleメニューでEXITして終了します。
再度、GUIDEを起動してください。
そして、Settingsで、観測地をセットしたり、言語を指定してください。観測値は地名を入れて登録しましょう。

27 January 2012

GEMINI 1 コントローラEEPROM入手先

日本からLOSMANDY GEMINI1の最新版搭載のEEPROMを買う方法としては、CANADAのEprom PROという会社を使うとすぐに入手できます。Paypalで決済できますので安心です。
日本向けは$25です。

13 November 2010

iEQ45赤道儀の追尾精度

10/24に書いたiOPTRON社iEQ45赤道儀の追尾精度がWEB上にすでに公開しているサイトを見つけた。
それによりと以下のようなピリオディックモーションで、歌っているように小さな値ではやはりなく、値段相当の追尾精度しか出ていないことがわかる。やはり、値段相当である。

24 October 2010

iOPTRON iEQ45 Go To Equatorial mount

0039154_400
自動導入経緯台を主に販売していて、日本ではジズコが取り扱っているiOPTRON社から小型写真用自動導入赤道儀iEQ45がいよいよ来月2010年11月より発売が開始される。アメリカでの価格は$1599である(送料入れても日本でも15-16万円で入手できると思う。
主なスペック内容は、赤経軸経φ50mmで、赤経ウオームギア歯数216枚直径130mm、赤緯歯数192枚直径115mmが使われていて、小型としてはしっかりサイズである。そのため、このクラスとしては最大搭載重量(Load capacity)20kgと十分な大きさを備えている。残念ながらモーター方式は、DCサーボ両軸モーター制御であるが、精度が0.09秒角となっていて、精度は確保されているが、実際はどうなのかは未知数であるのはいうまでもない。LosmandyのGEMINIやAstro-PhysicsのDCサーボ並みのコントロール方式であれば、いいのであるがどうなのだろうか?
当然ながらASCOMドライバーがサポートされており、コンピュータ制御もかのうであり、自動ガイドの端子の標準であるST4コンパチブル端子付きであるのはいうまでもない。
架台重量11.4kg、ステンレス製三脚8kgと20kgを切っている重さである。この辺のなかなかうまい重量配分である。オプションでピラーも用意されるようである。
鏡筒接続部は、アメリカのマーケットを反映していて、実質世界の標準取り付け規格であるビクセンアリ型アリ溝方式とLosmandy方式と2つをサポートしているので、鏡筒の搭載幅は非常に広い。
電源は、12VMAX2Aと消費電力が少ないのも特徴である。また、GPSも内蔵しているのが凄い。
この値段で、このスペック通りの性能仕様だとするとかなりのインパクトがある。デザインもどことなくAstro-Physicsを多少なりとも意識したデザインで、よく出来ている印象である。ビクセンのSXDより搭載重量が大きく、値段が一回り安いので、アメリカでは非常に売れそうな感じがする。

29 August 2010

英国Optistarのカメラはここで作っているのかも?

 英国の廉価普及クラスの天体用カメラメーカーであるOptistar社のカメラは、中国のFuzhou Tucsen Imaging Technology Co.,Ltd.がつくっているのではないだろうか? どうみてもそっくりである。

より以前の記事一覧

February 2023
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ