天文

06 August 2021

散光星雲 2題 2021/08/05撮影

Northamerican_20210805_124321_ha5x300s4x
北アメリカ星雲付近 LBN359 & LBN 343
Orion Optics UK AG16 Astrograph(D400mmF/3.8 f.l.=1510mm),
Haフィルター
Moravian Instruments G4-16000(CCD温度-15℃)
旭精光研究所SX-260PWドイツ式赤道儀
ペンタックス100SD-UF屈折+G0-0300ガイドカメラ
露出3x300秒+4×600秒

Vdb142_20210805_141446_ha_2x600sm
vdB142付近
Orion Optics UK AG16 Astrograph(D400mmF/3.8 f.l.=1510mm),
Ha filtre, Moravian G4-16000 CCD camera(CCD temp.-15deg.),
Asko SX-260PW mount, auto-guided by G0-0300 camera through PENTAX 100SD-UF refractor.,
露出2×600秒

久しぶりに星で光軸修正しました。周辺までバッチリ合いました。これでも実はまだ十分に追い込めていません。

05 August 2021

冥王星の1日の移動

Pluto_2021080304motion
冥王星の1日の移動
2021/08/03 13:04:46UT & 2021/08/04 13:23:38UT
Orion Optics UK AG16(D400mm f/l/=1510mm F/3.8)Astrograph,
Clear filtre
Moravian Instruments Inc. G4-16000 camera(CCD temp.-15deg.)
Asko SX-260PW German equatorial mount(FS-2 motor drive),
Auto-guided by Moravian G0-0300 camera through PENTAX 100SD-UF refractor.

18 June 2021

夏の大三角

Summertriangleus
夏の大三角
2021/06/17 15:16~15:30UT
Fujifilm X-E3(ISO800),
SUPER EBC XF 18-55mm 1:2.8-4 R LM OIS(18mmF4)
露出 10✕65秒
アスコSX-260PW赤道儀
自宅観測所にて撮影
ライトフレームのみから画像処理 
すべてRAWからMSB社ASTROART7SP6にて処理Crop処理済
RAF形式をσクリッピング加算処理(ノイズ除去設定)後、FITS保存。ホワイトバランス処理、階調調整、カラーバランス処理、グラジエント処理による光害かぶり処理、周辺減光部分はCrop処理 階調拡張処理、デジタル現像処理後、アンシャープマスク処理、 JPEG保存

05 May 2021

M22 on 2021/05/03

M22_20210503s
Globular Cluster M22 in Sgr
Exp. L:39x60sec., R,G,B: 4x300sec., respectively,
Orion Optics UK AG16(D400mm f.l. 1510mm F/3.8 Astrograph,
Moravian Instruments Inc. G4-16000 Cooled CCD camera,
CCD temperature -25 Celsius degree,
Asko SX-260PW GOTO German Equatorial mount,
Auto-guided by G0-0300 camera through PENTAX 100SD-UF refractor. Observatory : Southern Utsunomiya, MPC code:Q21
南に比較的低い位置にあるM22はシーイングの影響も受けるし、 天気が悪いと低空に雲が有ったりと意外と写す機会が少ないと思っている天体の1つです。しかし、M54やM70よりは高度が高いのでまだマシである。今回幸い撮影できたが、シーイングはかなり悪かった。
自宅観測所なので、目の前にLEDの街路灯もあり、近所に光害源のパチンコ店の光害の影響もあり、いつもフラットが決まらない。今回の南天側はどちらかというと東京方向なので、完全に都会の明かりの影響だ。
今回の処理のフローを紹介しておくと、私の使用しているのはイタリアのMSB社ASTROART7SP6(略称AA7)を画像処理ソフトウエアを使用している。AA7は前処理のダーク・フラットのスタック処理が充実していて高速処理ができるのが特徴だ。SI9を買っていないが、恐らく比べるまでもなくSI9より高速処理されるはずだ。DSLRのRAWフォーマットの処理も早い。
問題は光害のムラ処理だ。みなさんはどうやっているのでしょうか。FLATAIDを使っていますか?
あれ持っているのですが、うまく行かないので、私はつかっていない。買わなければよかった。単に使いこなせていないだけなのかも知れませんが、簡単に目的のことができないので仕方ない。
それで最近、AA7の星を消すモードでマスクを作って、除算処理でムラを消している。この方が遥かにFLATAIDより良い感じになる。
今回はあまりムラはなかったので、AA7のグラジエント処理の除算処理というのがあり、それでムラがなくせたので、これをつかっている。これはどうもFLATAIDEでうまく行かないのが簡単にできてしまっている。AA7SP5になってからその処理のピクセル範囲を指定できるようになって効果が良いピクセル数を選択するとうまくいくことがわかった。これで今まで星を消したマスク作る手間はなくなった感じがする。
ということで、今回はAA7SP6でσクリッピング加算処理で前処理を行っている。その後、ムラ除去を除算処理機能で処理している。
AA7SP6の欠点は、カラー合成の細かい位置合わせがうまく行かないことである。仕方ないのでSI8でカラー合成してLRGB合成もSI8で行っている。このあたり本当に一本のソフトウエアでできないものなのか。全く困ったものです。

24 February 2021

NGC 5907 on 2021/02/17

Ngc5907_20210217_175615_c_10x60smfdlrgbm NGC 5907(2021/02/17撮影)
露出 RGB各3X300秒、L:10x60秒
イギリス製Orion Optics UK AG16 天体写真鏡(焦点距離1510mmF3.8)、バーダープラネタリウムCRGBフィルター、
チェコ製Moravian G4-16000 ラージフォーマット冷却CCDカメラ(CCD温度-25℃)、
アスコSX-260PW赤道儀(FS2自家改装自動導入)
追尾 ペンタックス100SD-UF+G0-0300ガイドカメラにて、
撮影コントロールソフトウエア SIPS
画像処理 前処理MSB社ASTROART7SP5
仕上げ SI8にてカラー合成 かぶり処理など
なかなか光害の影響で迷光によりWynneコレクターの斑が出てしまうのが、改善しない状態です。こんな状態で撮影しているので、ことしの秋になるとこの機材も10年を迎えます。本当に久しぶりにカメラにRGBフィルターを取り付けました。そこで、春の系外銀河を撮影する季節となったので、狙ってみました。低輝度部を切りすぎるとアドバイスをいただきますが、斑が酷いのでこれでも取り切れていませんが、この辺が私の画像処理と手持ちのソフトウエアでは除去するのが限界です。実は皆さんお使いのFLATAIDEがマスクがうまく作れずに意外と使えなくてこのソフトもお蔵入りしました。しばらくこの斑の除去法に悩んでいて、フラットエイドのマスクの問題点がわかっているので、それと似た処理をどうやって実現できるか検討していました。結果として、星を消す処理をできるASTROART7でセルフマスクを作ります。これでコレクターの斑を取り除く方法をMSBのASTGROART7でできるようになったので、今回その処理を使っています。

20 February 2021

M51(NGC 5194) in CVn on 2021/02/19

M51_20210219_lrgbm
M51 (= NGC 5194 = UGC 8493 = MCG 8-25-12 = PGC 0047404) Whirlpool galaxy
2021/02/19撮影
露出 L(Cフィルター使用):20コマ✕60秒=20分, RGB各3✕5分=15分
  すべてバーダープラネタリウム社製フィルター。
Orion Optics UK製AG16天体写真鏡(D400mm f=1510mm),
Moravian Instruments Inc., G4-16000 冷却CCDカメラ(KAF-16803 CCD温度-25℃)
旭精光研究所SX-260PW赤道儀(自家FS2自動導入モータードライブ改造済、1991年製)
自動ガイドシステム:G0-0300ガイドカメラ ペンタックス100SD-UF屈折望遠鏡にて追尾
撮影ソフトウエア SIPS
画像処理 MSB社ASTROART7SP6、Stellaimage Ver.8

Type: Sbc
RA: 13 29 52.6 (J2000)
declination: +47 11 42
Magnitude: 8.9
Major axis: 10.80 arcminutes
Minor axis: 6.6
Position angle: 163
Constellation: CVN

31 July 2020

M15

M15_81x30scropm_20200819011001
2020/07/31 M15
AG16 Atrograph, Fujifilm X-E3(ISO800), ASKO SX-260PW赤道儀,ノータッチガイド 露出 81フレーム×30秒
スライディングルーフ設置をして初撮影になりましたが、天気がパッとしません。

27 June 2020

M57

Sm57_12f
M57 Ring Nebulae
Orion Optics UK AG16(D400mmF3.8), Fujifilm X-E3(ISO25600), Exp.12x1sec., Asko SX-260PW 赤道儀、ノータッチガイド、2020/06/26UT

24 April 2020

自宅から固定撮影によるさそり座

Smilkywayfrommyhome20200424
バルコニーが広くなったので自宅から撮影機材を展開するのが楽になりました。スライディングルーフが来るまでは広々としています。

02 April 2020

初めての「彗星の夏の学校2020 ZOOM」に参加

彗星を主に観測していながら、彗星の夏の学校の存在は知っていながら参加したことはありませんでした。
何しろ英語嫌いですから、論文の詳細を理解して人に説明するなんて大学院の時でも一苦労していました。
英語の微妙なニュアンスとか日本語に違和感なく訳すなんて大変。
でも仕事柄論文は毎日くらい色々ななめ読みはしていますが、分野違うからな。
今回久しぶりに色々と刺激を受けましたが、老齢になりましたがまだまだ勉強だと思いました。
時節柄リモート会議形式だったので、実は参加できたというのが本当のところです。いい時代になりました。
地方にいる身としてはいい時代になりました。まあ、仕事は今は在宅勤務なので東京には行っていませんが、
こういうイベントホイホイ参加するには今まではハードルが高かったというのが本音です。
今回の彗星夏の学校で一番気になったのが、この論文です。

さて、早く復帰しないと行けませんね。
実は昨年から難病闘病生活中です。

より以前の記事一覧

October 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ